初心者の方でも大丈夫!野菜作りの基礎から野菜の種類ごとの種まきから収穫まで丁寧に解説していきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Google AdSence
月別アーカイブ
初心者からできる野菜作り解説ブログTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 野菜作りの基礎知識
> 苗の植え付け(定植)について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
苗の植え付け(定植)について
苗の植え付け(定植)について説明します。
 植え付ける苗の大きさは野菜によって違います。
多くは本葉5~6枚のころですが、ナス、ピーマンなどは本葉7~8枚が目安です。
育成に高い温度を必要とする野菜は、最低気温が10℃以上になるまで植え付けを待ちましょう。
早めに植えても、温度不足では、苗が痛んだり枯れたりするだけです。
東京付近で4月下旬~5月上旬くらいの気温を標準としますから、
温暖地では早く、寒い地方ではこれより遅くなります。
 4月になるとポットで育った苗が店頭に並びますが、
時期を考えずに植えてしまってもうまくいきません。
どうしても早植えをしたいときは、畝(うね)の上にビニールなどのトンネルを
作ってやります。これだけで夜間温度が2℃ぐらいは違ってきます。
 また、畝の表面をビニールなどのフィルムでマルチングすると、
土温を上げ乾燥防止、肥料の流出防止、雑草抑制に効果があります
マルチ用のフィルムには1列に穴のあいたもの、2列になっているものなどがありますが、
畝幅や株間によって使い分けてください。
 畝幅や株間は、植える野菜がどのくらい大きくなるかで決めます。
密植すると日当たりや風通しが悪くなり、生育不良や病害虫の発生の恐れがあります。

植え穴の深さ
 植え穴は、苗の根鉢よりも大きく作り、苗を植えこんだとき株元がやや高くなる程度に
土を調整して入れます。深植えも、浅植えも育成が悪くなります。

苗の掘り上げ
 ポット植えの苗は、土ごとそっと抜いてそのまま植え付けます。
苗床に植えてある苗は、株元から離れたところに移植ゴテを入れ、
なるべく根が大きくつくように土ごと掘り上げて植え付けます。












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://yasaikaisetublog.blog61.fc2.com/tb.php/7-bf506397
★ -
管理人の承認後に表示されます
【2012.05.09】 []
CALENDER
05 // 2017.06 // 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

おじいちゃんっこ

Author:おじいちゃんっこ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
Copyright © 2005 初心者からできる野菜作り解説ブログ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。