初心者の方でも大丈夫!野菜作りの基礎から野菜の種類ごとの種まきから収穫まで丁寧に解説していきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Google AdSence
月別アーカイブ
初心者からできる野菜作り解説ブログTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 野菜作りの基礎知識
> 間引きと移植について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
間引きと移植について
間引きと移植について
間引きについて
 発芽したら、かぶせていた新聞紙などを早めにとり、徒長苗にならないように光と風を当てます。
苗が小さいうちは天候の影響をまともに受けずに済むので多くの苗が
密生をしているほうがよいのですが、生長して葉と葉が重なるようになると
日当たりや風通しが悪くなるので苗を減らさなければなりません
育成に合わせて適切な時期に間引きをし、株間を広げて健全な苗が育つようにします。

1回目の間引き
 子葉が開ききったころから、本葉が1枚出たころまでに、育成不良のもの、奇形のもの、
伸びすぎたもの、病害虫のあるものなどを間引いて苗の間隔を広げます。
間引く苗と残す苗が接近しているときは、残す苗を指で押さえていないと一緒に抜けてしまいます。
間引く苗の茎を小さなハサミで切る方法もあります。

2回目の間引き
 本葉が2~3枚出たころに、2回目の間引きをします。
1回目と同じ要領で、苗の根元までよく光が入るようにしてやります。
野菜によっては、2回目の間引きだけですむものもあります。

3回目の間引き
 本葉が4~5枚のころに行います。
前回と同じ要領で間引き、1~2本立ちの苗にします。

移植について
 苗床やポットに1本ずつ移植して苗づくりをする野菜もあります。
ポットに移植するときは、ポットの半分くらいまで入れた土の上に苗を広げて置き、
上半分に用土を入れて指で軽く押さえます。
 苗床に移植するときは高さ10~15cmの苗床に10cm間隔で植え穴を掘り、
その中へ1本ずつ根を傷めないように丁寧に植え付けます。
 野菜によって、移植する時期が違うので注意します。キュウリは子葉が開いて
本葉が2枚出始めたころ、ナスは本葉が2枚出たころ、キャベツは本葉が
3~4枚でたころが最適です。












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://yasaikaisetublog.blog61.fc2.com/tb.php/6-4123cc6d
CALENDER
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

おじいちゃんっこ

Author:おじいちゃんっこ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
Copyright © 2005 初心者からできる野菜作り解説ブログ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。