初心者の方でも大丈夫!野菜作りの基礎から野菜の種類ごとの種まきから収穫まで丁寧に解説していきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Google AdSence
月別アーカイブ
初心者からできる野菜作り解説ブログTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 野菜作りの基礎知識
> 良い耕土にするためには
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
良い耕土にするためには
 耕土とは、野菜作りに適した土壌でよく耕されている土のことです。
新しく菜園を作る時は、まず土を掘り起こすことから始めます。
スコップ万能ぐわなどで少なくとも20~30cmは掘り起こしましょう。
土を裏返す感じで、表面の土が上下逆になる(天地返し)ようにします。
起こし終わったら、固まっている土を丁寧に細かくほぐし、小石や木片、ゴミなどを取り除きます。
作る野菜にもよりますが、高度が深ければ深いほど、根はよく伸び、養分や水分を効率良く吸収します。
 前年に野菜を作った畑では、作物のない冬の間に土おこしをします。
スコップなどで土を大きく掘り起こして、掘った土のかたまりはそのままにしておきます。
こうしておくと、寒風にさらされて土中の水分が凍ったりしながらしだいにかたまりはくずれ、
チッ素分が増えるとともに寒さに弱い病害虫死滅します。



酸性度の中和
 降雨量の多い日本では、土のアルカリ分が流出し、土は酸性に傾きがちです。
日本全国ほとんどが酸性または弱酸性の土と考えられます。
ところが多くの野菜は酸性を嫌い、酸性度では育成に支障をきたします。
 酸性度は一般にペーパーの数字で表します。中心の7が中性を表し、
数字が小さいほど酸性が強く、数字が大きくなるほどアルカリ性が強くなります。
 土の酸性を中和させるためには苦土石灰消石灰をまいて土によく混ぜ込みます。
石灰の害が出ないように、種子まきや苗の植え付けをする日の1~2週間前にまいてください。
土質や野菜によって石灰の量は違いますが、目安は平均して1㎥当たり100g程度です。

有機物の混入
 野菜作りに適した団粒構造の土でも、いつまでも放置しておくと雨にあたったり、
人に踏まれたりして、粒子の隙間がつぶれてもとの単粒構造に土に戻ってしまいます。
土の団粒構造を長く保つためには、有機物である堆肥や腐葉土などを
十分にすきこんでやる必要があります。始めて野菜を作る土なら、
1㎥当たり4~5kg(バケツ約1杯)ぐらいを目安に堆肥類をすき込みます。












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://yasaikaisetublog.blog61.fc2.com/tb.php/3-7272e265
CALENDER
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

おじいちゃんっこ

Author:おじいちゃんっこ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
Copyright © 2005 初心者からできる野菜作り解説ブログ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。