初心者の方でも大丈夫!野菜作りの基礎から野菜の種類ごとの種まきから収穫まで丁寧に解説していきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Google AdSence
月別アーカイブ
初心者からできる野菜作り解説ブログTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> ア行の野菜 解説
> アシタバ(セリ科)作り方解説
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
アシタバ(セリ科)作り方解説

あしたばの作り方を解説していきます。
種子まきから収穫までの流れ

1.種子まき
育苗箱にばらまき発芽温度15℃。これより高くても低くても発芽率は悪くなる。
使用する用土は赤玉土小粒と腐葉土を6:4。

2.苗づくり
本葉3枚でポットに移植
これには1週間に1回、2000倍液肥を与える。

3.畑の準備
植える2週間前に、1㎥当たり苦土石灰100gを散布してよく耕す。

4.元肥と畝作り
一週間前に、1㎥当たり堆肥3kg、有機配合肥料100gをすきこんで畝を作る。

5.植え付け
株間40cmごとに植え穴を作りポットの土ごと植え付ける。
このとき茎を2~3cm埋める。
根土の付いてない苗を入手したら一晩水あげしてから植える。

6追肥
生育中は月2回、油カスの腐熱液を与える。

7.収穫
古葉を2~3枚残して若葉だけを摘む。

種類と特徴
 関東、伊豆半島に分布し、とくに大島、八丈島など、伊豆七島では庭先や道沿に
自生している多年草です。栄養が豊富なことが分かってから、
自生地で本格的に栽培されるようになり、全国に出荷されています。
 温暖地の野菜ですが、寒さにも強い性質も持ち、冬に地上部は枯れますが、
凍らなければ春には新芽が伸びて秋まで利用できます。

苗づくり
 育苗箱に種子をばらまきし、好光性なので覆土せずに、軽く押さえる程度にします。
発芽までは乾燥を防ぐために、こまめに水をやります。発芽したら本葉1枚から間引き、
本葉3枚でポットに移植、本葉5枚まで育てます。

畑の準備
 2週間前に苦土石灰を散布して耕します。
1週間前に、堆肥と有機配合肥料を全体にすきこみます。

栽培の進め方
 株間40cmの植え穴に、ポットから根土ごと抜いて植え付けます。

追肥
 育苗中は、1週間に1回、液肥を与えます。
生育中は月2回、油カスの腐熱液を施してください。

収穫
 若葉を利用します。切り取ってもすぐあとから葉が伸びてきます。

主な病害虫
 まれにアブラムシが発生します。
このコメントは管理者の承認待ちです
【10.18】 // # [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://yasaikaisetublog.blog61.fc2.com/tb.php/10-ee7c0efa
★ -
管理人の承認後に表示されます
【2012.04.08】 []
CALENDER
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

おじいちゃんっこ

Author:おじいちゃんっこ
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
Copyright © 2005 初心者からできる野菜作り解説ブログ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。